足場

外壁のメンテナンス

外壁塗装やサイディング、塗り壁などいずれの場合でもメンテナンスは必要です。
多くの場合それを施工した工務店などで一定期間は無料で調査を行っていたり、依頼すれば快く引き受けてくれます。
自分でも見た目で判断できるものもあれば、プロの目で見ないと気付けないような場合もあるので、やはり専門知識のある方にお願いするのが良いでしょう。
外壁塗装を一般的な塗装で行うか遮熱塗料などを使うかや、塗り壁にするかなどは、外壁塗装の一括見積もりサイトや、リフォーム会社のホームページなどを通じて相談すると良いでしょう。

外壁塗装のサイクル
外壁塗装はいずれ経年劣化しその機能性を失ってしまい、見た目も良くない上に大切な住まいを守りきれなくなってしまいます。
塗り壁で約8年、ウレタン樹脂塗装で約10年、フッ素樹脂でも約15年程度で塗り替えをするのが良いとされ、塗装後数年を経過でひび割れや剥がれの点検や補修を行う必要もあります。
ただし最新の塗り壁は耐用年数15年ともいわれ、いずれの外壁塗装でも材質や環境、メンテナンスにより耐用年数は異なります。

最新の塗り壁工法
日本の伝統的な工法である塗り壁は素朴な風合いや、防火性や調湿性などがあり、和風建築だけでなく洋風建築でも合わせられ根強い人気です。
しかしひび割れやすいといわれることや耐用年数の心配などのこともあり、避けられてしまうことも否めません。
それを克服したのが各種サイディングや既存の外壁をそのまま使う塗り壁工法で、両者の良いところを上手に取り込んでいます。
名称はリフォーム会社各社で多少異なりますが、基本的に同じような工法です。

専門家に相談を
外壁塗装でどのようにするか迷ったら、工務店やリフォーム会社に相談すると良いでしょう。
どのようなことにもメリットやデメリットがあり、何が最適であるかを判断するためにプロの意見はとても役立つはずです。
外壁塗装の無料一括見積もりサイトの相談窓口も良いでしょう、同時に複数の業者へ見積もりをお願いし、費用相場や比較検討することも簡単に行えるので便利です。
簡単にやり直しの出来ない外壁塗装を慎重に行うため、専門家に相談することをお勧めします。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031